裁縫生活

漂白液で色落ちの対処法

漂白液が飛んで、色落ちしてしまったスカート

お気に入りのスカートだったので
色落ちした箇所に刺繍糸で、カバーしてみました。
hyohaku01b.jpg
ちょっと分かりにくいですが、
ピンクになっているところが、色落ちした箇所で
立体的になっている箇所が刺繍した箇所です。

こちらは、別の箇所。
hyohaku02b.jpg

あちゃ、漂白剤でやっちゃったね感がなくなり、
履いてても違和感ないです。はい。
大成功です。

シミに沿って、(シミの形に)刺繍したけれど、
絵心のある方なら、シミを隠しつつ、別の模様を刺繍しても、
もっとオシャレになっていいかもしれないです。



スポンサーサイト
  1. 2018/05/21(月) 09:44:12|
  2. やってみた!

ダーニング

CIMG8426b.jpg

自分の靴下にダーニングしてみました。
あえて、違う色。


ダー二ングマッシュルームも気になってますが、
今のところ、ダーニングする際に使ってるのは、
ペットボトルです。


高1の娘が「普通」について語ってます。
自分がびっくりしたことに、
友達から「それ普通じゃん」っと言われたそうで。


ダーイングしてる人からみたら、ダーニングするのは普通。
してない人からみたら、ダーニングは普通じゃない。
では、ダーイングは普通なのか、普通じゃないのか。
数学の命題みたいだよね。
(*^_^*)


  1. 2018/03/05(月) 14:08:16|
  2. やってみた!

ダーニング

ダーニングにはまってます。
織物のように、縦横にかかる手法をダーニングっと
いうそうです。

それで、
最近、あれよあれよっと穴があいてしまう
下の子の靴下をダーニングの練習台として、
繕っています。

CIMG8285b.jpg
(回数をこなして、上手になってきました!)

けれど、
手袋のときは、喜んでくれたのに、
靴下のダーニングは、なぜか下の子に受けが悪い。
なんでだろう。


ダーニングした靴下を、私は可愛いって思うけど、
これは小学生には分からない可愛さ、なのかな。


繕いものは「技術」とともに「センス」もないと、
万人受けはしないのか〜(T_T)
っと思ったのでありました。


「センスは体験することで磨かれていくものです」by 松浦 弥太郎「センス入門」
ということなので、続けていればセンスも磨かれるっ
はずっ!


しかし、靴下に穴があくのは、
どうも子どもの足が大きくなったからのようなので、
ひとサイズ上の靴下を買いに行きました。
(*^_^*)

  1. 2018/02/05(月) 18:03:25|
  2. やってみた!

干し柿

CIMG8185b.jpg
干し柿。
朝のおめざ。

今年は、風が強く寒い日が多かったので
一週間ぐらいで干し上がりました。
すぐ食べない分は、冷凍室へ。


CIMG8170b.jpg
干し始めはこんな感じ。


  1. 2017/12/09(土) 20:37:18|
  2. やってみた!

ビーズのブローチ

再び、
ビーズブローチを作ってみました。
CIMG7963b.jpg
今度は、前回よりも大きめなビーズも使ってみました。
こちらの方が、目にも優しく、存在感がでてますね。


まだ、ブローチに仕上げてないんですが、
出来上がったら、また写真をあげますね。

CIMG7962b.jpg





暮らしの手帖 86号に 作り方、載ってます。

  1. 2017/10/08(日) 01:36:12|
  2. やってみた!
次のページ