裁縫生活

古くなったリンゴの利用法

毎年、リンゴを一箱、いただきます。
おいしく食べきれるように、
リンゴを新聞でくるんだりと、
保存状態をよくして、がんばってますが、
それでも、どうしてもカスカスになってしまう場合が...

そんな、生で食べるには、
水分がぬけてカスカスになってしまった
リンゴは、イチョウ切りにして、
お鍋で蓋をして煮ると (電子レンジでもOK)
アップルパイの中身のリンゴみたいになり、
美味しくなります。
ヨーグルトに入れたり、カップケーキのフィリングにしたり
冷凍保存もできます。

こちらは、アップルクランブル
煮たリンゴの上に、
なかしましほレシピのスマイルクッキーの生地を
クランブルにして、上にのせてみました。
CIMG9306a.jpg
メープルの香りが、ふわ~っと漂います。


レシピ 「まいにち食べたい"ごはんのような"クッキーとビスケットの本」
     なかしましほ 著より


スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 09:10:57|
  2.  その他(保存食)